お問合せ

お問合せフォーム、メール、お電話にてご連絡下さい。

お問合せフォームやメールでお問い合わせ頂いた際は24時間以内に当事務所より連絡が無い場合、改めてお電話にてご連絡ください。送信(受信)トラブルなどが考えられます。

個別相談の予約をお取り頂き、後日、面談でのご相談を承ります。
お問い合わせ頂いただけでは料金は発生致しませんのでご安心下さい。

業務をご依頼頂く前にお見積書を作成致します。
金額に御納得頂いた上で業務の依頼を頂ければと思います。

お支払

ご依頼後、料金をお支払頂き業務着手となります。料金の詳細はサービス料金をご覧ください。

お支払は当事務所指定の口座へお振込をお願い致します(振込手数料はご負担頂きますようお願い致します。

打ち合わせ

開業までのスケジュールなどお客様のご要望に沿った形で業務を遂行いたします。
出来る出来ないに関わらず、お客様のご要望を何なりとお申し付けいただければと思います。

開業予定日から逆算して準備を進めますので開業までのスケジュールなども詳細にご案内いたします。

事前相談

役場との事前相談を行います。開業予定地や規模など、行政の窓口に事前確認を取り開業に向けての協議を行います。

サビ管や児発管等を要する事業の場合、この事前相談の場において実務経験を証明する書類が必要になります。

窓口はサビ管や児発管が就任要件を満たしているかどうかが確認できた上で協議を進めていく感じです。

居宅介護などに必要なサ責(サービス提供責任者)についてはそのようなことはありません。

居宅介護などの訪問系サービスの場合、特段の工事を要するケースはまれだと思いますが、その場合であっても事業所の広さなどを平面図に記載する形となります。

不動産会社(管理会社)が所有している間取り図があれば取り敢えずそれに書き込む形でも事前相談には臨めます。

最終的に申請書を提出する際には机などの配置図も含め図面を書きなおします。

事業所で大きな工事を要する場合には色々と注意も必要です。

開業予定地の取得(賃貸契約)

行政側との事前相談の後に開業予定地の取得や賃貸借契約を結ぶのが原則ではありますが、既に賃貸契約を結んでいるからと言って指定が取れない訳ではありません。ここでは、あくまでも「原則」として捉えて頂ければと思います。

申請書類の作成

当事務所にて書類作成などを行います。指定日は毎月1日となり、期限は2ヵ月前の15日(福岡県へ放課後等デイサービスを申請する場合は16日)となっておりますので開業予定日に合わせて書類の申請を致します。

管理者やサ責、サビ管等は経歴書を記入いただく必要があります。
この経歴書は特に難しい物ではなく、履歴書を書く程度にお考え頂ければ結構です。
当事務所からの質問にお答え頂く形式でも問題ありませんので御安心下さい。

事前協議(仮申請)

仮申請を行います。当事務所で作成した申請書類一式を窓口に持参します。

申請書提出後、現地調査

現地調査は申請書を提出した翌月の15日までに行われます。一応、期限は15日頃までにとはなっているのですが、窓口からは「出来るだけ早い時期に」と要望があります。

これは窓口の事務処理上の事情もありますが、現地調査の際に何かしらの指摘を受けた場合、それが工事を伴うようなイレギュラーな内容であると対応が間に合わないこともあるからです。

よって、現地調査は出来る限り早い段階で設定するように致します。

指定通知

一連の作業の後、指定を受け開業となります。指定日(事業開始日)は毎月1日となります。

国保連への請求事務に関する案内なども郵送で送られてくる形となります。